【糖質制限】砂糖のかわりに「ラカント」を使うメリット

糖質制限なら砂糖をラカントに変える 糖質制限

糖質制限にラカント使う

糖質制限といえば、ごはん、パン、パスタなどの主食を減らすというイメージではありませんか?

もしずっと食べないとしたら、続けるのは大変ですよね。

それなら簡単にできる方法から始めてみませんか?

その方法は砂糖をラカントに変えることです。シンプですが意外と効果が大きいんです。

いろいろな料理で砂糖は使われていて、気づかないうちに糖質を摂っていることがよくあります。

砂糖は糖質が高いので血糖値もそれだけ上がります。

そこで砂糖から血糖値を上げないラカントに変えると、簡単に効果がでます。

今回は砂糖のかわりにラカントを使うメリットについてご紹介していきます。

砂糖をラカントに変えるメリット

1人あたり1日で、どれくらいの砂糖を摂っていると思いますか?

農林水産省の統計によると、

1人1日の砂糖摂取量は69g

これは砂糖そのものを使う量と、お菓子や調味料などの加工品に使われる糖質も含めた数値です。

成人で1日の糖質の合計摂取量は約300gです。

そのうち69gが砂糖や加工品の糖質量です。約1/4が砂糖や加工品で摂取していることになります。

この69gにはご飯や麺類などの糖質は含まれていないので、意外と砂糖や加工品だけで糖質を摂っていることがわかります。

もし砂糖をラカントに変えると、1日の砂糖の摂取量は実質無くすことができます。

お菓子や飲料、乳製品、調味料などの加工品に入っていた砂糖の分は減らすことはできません。

しかし自分で使う砂糖をラカントにすれば、その分は血糖値に影響を与えないですし、ちゃんと甘さは摂れるので我慢するストレスはかかりません。

ラカントの糖質は99.8g(100gあたり)もあり、砂糖とほとんど変わらない糖質量があります。

しかしラカントは、体に入ってからほとんど代謝されずにエネルギーになることなく尿として排出されるので血糖値が上がらないので、実際糖質量は関係あません。

そのため砂糖をラカントに変えると、砂糖で上がるはずだった血糖値の上昇は抑えられます。

簡単で効果的に糖質制限ができます。

ラカントについてはこちらをどうぞ。

【ラカントについて】これさえ読めば「ラカント」がわかる
ラカントについて、全くわからない人もこの記事さえ読めばラカントに詳しくなれます。ラカントについて色んなトピックの記事がありますので、知りたいところだけ読めます。

調味料も意外と糖質がある

日本料理は、他国の料理と比べても、味付けが甘めのメニューが多いです。

たとえば、一般的な日本料理として、肉じゃが、すき焼き、鶏の照り焼き、豚の角煮、佃煮、酢飯、甘い卵焼き…などがありますよね。

こういった甘めの味付けは、砂糖やみりんなどが使われていますが、少量でも糖質が高くその分血糖値は上がります。

<大さじ1あたりの糖質量>

  • 砂糖(上白糖):8.9g
  • みりん: 7.7g

市販のタレやソースといえば、焼き肉のタレ、中濃ソース、ケチャップ、すき焼きのタレ、すし酢(合わせ酢)があります。

合わせ調味料の多くにも血糖値を上げる甘味料が入っているので、調味料も糖質は高めです。

大さじ1あたりの糖質量(すき焼き以外)

  • 焼き肉のタレ:5.9g
  • 中濃ソース:6.3g
  • トマトケチャップ:3.8g
  • すき焼きのタレ(1食分):28.9g
  • すし酢:5.2g

糖質を抑えたい人は、できればラカントを使いタレを作ると、血糖値の上昇は控えられます。

タレやソースは、量が少ないわりに糖質があるので気をつけてください。

お菓子作りにもラカントを使う

通常、デザートには大量の砂糖または他の甘味料が使われています。

お菓子作りをすると、砂糖の重さを測るとき、「こんなに入れるの!」と、思ったことありませんか?

砂糖のかわりにラカント

大量に砂糖を使うデザートでもラカントに変えると、その分の血糖値は上がりませんので罪悪感が減ります。

デザートの種類にもよりますが、甘味料の全てをラカントにすると、食感がジャリジャリしたり、膨らみにくい、などの問題が起きることがあります。

これはラカントの主成分「エリスリトール」がもつ特性で、エリスリトールだけを使用しても同じです。

砂糖や他の甘味料を、混ぜて使うなどの対処が必要な場合があります。

エリスリトールについてはコチラをどうぞ。

【エリスリトールがわかる】糖質制限やダイエットで血糖値を管理する
これを読めばエリスリトールについてわかります。エリスリトールはカロリーゼロで血糖値を上げない甘味料で、糖質制限やダイエットをする時に血糖値の管理ができます。安全性も確認されており子供や妊婦も使用可能です。

調味料や甘味料をラカントに

調味料やお菓子の糖質量は、意外と高いです。

この糖質が高い砂糖ををラカントに変えるだけでも、その分の血糖値は上がりませんし、手間をかけずに糖質制限の効果を出せます。

もちろん、ごはんや麺などの糖質を控えるのも、血糖値を抑える効果はあります。

ただし続けられるかというと、ずっとは難しいかもしれません。

我慢をする期間が長いとストレスもたまりますし、主食の量を減らすと食べる量も減るので、不足している栄養をタンパク質や脂質などから摂取する必要があります。

その変化についていけず継続がつらいと感じる人もいるでしょう。

なるべく労力は最小限にして続けるために、砂糖からラカントに変える方法は、簡単で効果の出るやり方だと思います。

私の経験談

私は糖質を摂ると、通常の人より血糖値が上がりやすい糖尿病予備軍です。

血糖値が上がりすぎないよう糖質制限をしていますが、甘味料をラカントだけにしたら血糖値が下がりました。

ラカントを使うことで血糖値のコントロールがしやすくなりました。

とくにお菓子を作る時は、普通の料理よりも大量に甘味料を使うので、砂糖を使うと血糖値もかなり上がってしまいます。

しかしラカントを使えば、血糖値に影響しないので食べる時も安心です。

まとめ

血糖値を抑えたいなら、砂糖からラカントに変えた方がいいです。

ラカントは砂糖と同じ甘さなので、ラカントにかえても甘みを摂っている感覚はしっかりとあります。

手間がかからず簡単な方が糖質制限も続けられます。

ただお菓子作りのときは、味や食感が劣ることがあるので工夫が必要な時はあると思います。

ラカントのお菓子作りの問題を解決します↓

【ラカントで作るお菓子】膨らまない、冷却後のザラつき~解決法
ラカントを使ったお菓子は、あまり膨らまない、冷却後のザラつきが気になる事があります。その解決法についてご紹介。ラカントの製造会社から聞いた方法や、私がラカントのお菓子作りで見つけた解決法もお伝えします。

ラカントは、ゼロカロリーで、血糖値にも影響ありませんし、安全性も確立しているので安心して使えます。

タイトルとURLをコピーしました