【ラカントを使ったお菓子が苦い】「苦味」の理由と消す方法

ラカントのお菓子が苦い 糖質制限

ラカントの苦味が気になる

糖質制限やダイエット中の人は、ラカントを使われてる方も多いのではないでしょうか。

そのラカントの後味が、苦いと思ったことはありませんか?

私はあります。

とくにラカントをお菓子に使ったときは苦いと感じますし、苦みの原因は何だろうと思います。

血糖値が上がりやすい私や同じような人にとって、0カロリーで血糖値が上がらない甘味料で作るお菓子は、安心して食べられるのですが、おいしく食べたいとも思いますよね。

今回は、ラカントの苦味の理由と、お菓子での苦味の消し方についてご紹介します。

ラカントはなぜ苦い

ラカントは、主成分の「エリスリトール」と微量の「羅漢果エキス」で構成されています。

ラカントを製造しているサラヤに、直接「苦みの原因」についてお伺いしたところ、1番考えられる理由は「羅漢果エキス」がもつ独特の風味(黒糖のようなコク)に苦味を感じているのではないかという事でした。

ただしラカントには種類があり、通常の羅漢果エキスが入っている「ラカントS」と、羅漢果エキスの雑味を極力取り除いて純度を高めた「ラカントホワイト」があります。

羅漢果のクセが少ないのは「ラカントホワイト」ですが、このホワイトにさえ苦みを感じるなら、主成分の「エリスリトール」の甘みに苦味を感じてる可能性もあるそうです。

製造会社に聞いた苦味の原因についてはコチラをご覧下さい。

【ラカントの使い方】製造会社に質問した~失敗しないお菓子作り
ラカントの味や使い方について、疑問に思うことを製造会社のサラヤに質問してまとめました。ラカントを使った失敗しないお菓子作りの参考にして下さい。質問は苦みの原因、お菓子が膨らまないとか冷めた後ザラザラにならない解決法を聞いてます。

私は「ラカントホワイト」も「100%エリスリトールのみ」も使って、どちらも苦かったので、おそらくエリスリトールを苦いと感じてると思います。

もちろん羅漢果の苦味にも反応してる可能性はあります。

ラカントを使ったお菓子は苦い

まずラカントを使ったお菓子の苦みを消す方法は、だいたいココアやチョコレートなどの味が強いものを混ぜるというのが主流だと思います。

それでもちろんいいんですが、ただメニューの種類が限られたり、強い風味に飽きる可能性はあります。またシンプルな味のデザートにも使いづらいです。

チョコや抹茶などの風味の強い食材を入れて、苦みをごまかすことができるお菓子はそれで良し!として、今回は味をごまかせないお菓子でもおいしく作れる方法をお伝えします。

味のごまかしが効かないお菓子と言えば、ショートケーキもその一つだと思います。

シンプルにスポンジケーキと生クリームと果物の組み合わせ。簡単なように思えるけど、スポンジの食感や生クリームの味が目立ちます。

そんなショートケーキを、ラカントを使い砂糖の時と同じように作ると、たいがい失敗します。私が失敗してました(笑)

砂糖の時とは違い、スポンジと生クリームの後味が苦くて、正直おいしくなかったです。

今回はラカントの苦味が気になる人へ向けたお話です。

私が試作してたどり着いた、ショートケーキの「スポンジ」と「生クリーム」の苦味を消す方法をご紹介していきます。

基本になる生クリームとスポンジがおいしくできれば、ロールケーキも作れます。

アレンジを加えてパウンドケーキ、マドレーヌ、クレープなどにも応用できると思いますので、ぜひラカントを使ったお菓子作りのヒントにして下さい。

ラカントの基本情報についてはコチラ↓

ラカントについて「基本情報」と「血糖値を上げない理由」
「ラカント」は、カロリーゼロで、血糖値を上げない甘味料です。今回はラカントの基本情報である、成分、価格、種類、使い方についてご紹介。さらにラカントは糖質はあるのに血糖値を上げない理由も解説します。

苦味を消す方法

おかずの味つけにラカントを使用する場合は、量も使いませんし、醤油などの味の強い調味料と一緒に使うので、苦みは気にならないと思います。

お菓子の方が大量にラカントを使うため、苦みが気になる場合も多いのではないでしょうか。

今回は、スイーツの基本の、「生クリーム」と「スポンジケーキ」のラカントの苦味を消す方法をお伝えします。

生クリーム

生クリームにおからパウダーを入れる

生クリームは材料がシンプルで、通常は砂糖と生クリームで作ります。リキュールなどを使う人もいます。

今回はお子様でも食べられるようにリキュールは使いません。

秘訣は、おからパウダー(超微粉)を少量入れると、ラカントの苦味がかなり消えます。

私はいろんなものを生クリームに混ぜて試しましたが、おからパウダーが1番苦味が消えました。

おからパウダーは、きめの細かい「超微粉」タイプを使って下さい。きめが粗いとクリームがざらざらした食感が気になります。

抹茶やチョコレートなどの味が強い系で苦みを消すのではなく、生クリームの本来の味を活かしつつラカントの苦味も抑えてくれます。

基本の白い生クリームがおいしければ、いろんなレシピに使えますよね。

ラカントは茶色なのでクリームの色も少し茶色っぽくなります。それが嫌な場合は白い顆粒のラカントホワイトを使うとクリームも白色です。

おからパウダーの量はどれくらい?

おからパウダーが苦みを消す

生クリーム1パック(200ml)につき、おからパウダー1.5gの比率が良いと思います。

生クリーム1パック(200ml):おからパウダー1.5g

おからパウダーを入れすぎても、豆臭さがでたり食感にザラつきが出ることがあるので注意してください。

そして、おからパウダーは吸水性が高いので、泡立後に入れると水分を吸って、少し混ぜただけでクリームがパサパサになります。なるべく生クリームがゆるい段階でパウダーを入れて下さい。

スポンジケーキ

スポンジケーキには、クリームチーズを入れると、ラカントの苦味がだいぶ消えます。

クリームチーズはそのまま使うと硬くて、生地になじまないので、生クリームを少し混ぜて、レンジで加熱して柔らかいクリーム状にしてから、生地に合わせます。

クリームチーズと生クリームの入れる量

6号サイズだと、直径18cmのホール(直径18cm)です。

そのサイズだと、卵はMサイズ3個ほど使用すると仮定して、クリームチーズは45g、生クリーム20gを入れてください。

卵Mサイズ3個あたり=クリームチーズ45g+生クリーム20g
 別容器にクリームチーズと生クリームを入れて、電子レンジで20秒ほど温めると、クリームチーズが溶けて、生クリームと一緒に混ぜられるようになります。
この柔らかいペースト状にしてから、スポンジ生地と一緒に合わせてください。入れるタイミングは卵白のメレンゲを混ぜる前に入れると、メレンゲの泡を壊さなくて済みます。

ほかにもあるスポンジの注意点

ラカントを使ってスポンジを焼くと、味が苦い以外にも問題が起こることがあります。

スポンジがあまり膨らまなかったり、冷めた後ジャリジャリした食感になったりします。

これはラカントの主成分であるエリスリトールの特徴です。この特性と上手に付き合うことが、ラカントでおいしいお菓子を作るコツだと思います。

エリスリトールの特徴についてはコチラをどうぞ↓

【エリスリトールがわかる】糖質制限やダイエットで血糖値を管理する
これを読めばエリスリトールについてわかります。エリスリトールはカロリーゼロで血糖値を上げない甘味料で、糖質制限やダイエットをする時に血糖値の管理ができます。安全性も確認されており子供や妊婦も使用可能です。

ラカントで作るお菓子が膨らみずらい、冷却後ザラつきの解決法はこちらです↓

【ラカントで作るお菓子】膨らまない、冷却後のザラつき~解決法
ラカントを使ったお菓子は、あまり膨らまない、冷却後のザラつきが気になる事があります。その解決法についてご紹介。ラカントの製造会社から聞いた方法や、私がラカントのお菓子作りで見つけた解決法もお伝えします。

まとめ

ラカントはおかず系の料理に使う分には、量も少なくあまり苦さは感じないと思います。

苦味を感じるのはお菓子の時だと思います。大量に使うのでラカントの苦さを感じやすくなります。

ただし味覚には個人差があるので、ラカントを苦いと感じる人と、そう感じない人がいるようです。

ココアや抹茶などを入れて苦さを紛らわせる方法でもいいのですが、それだけだと作れるお菓子の種類に限りがあります。

今回は、ラカントの苦さがモロに出やすいシンプルな味のショートケーキ(スポンジと生クリーム)をおいしく作る方法をお伝えしました。

ラカントを使ってぜひおいしいお菓子を作ってくださいね^^

お菓子作りには「ラカントホワイ」トがおすすめです↓(色や味のくせがないので)

黒糖のような味が好きな人は「ラカントS」をどうぞ↓

 

タイトルとURLをコピーしました