【ラカントのお菓子が苦い】「苦味」の理由と消す方法

ラカントのお菓子が苦い 糖質制限

ラカントで作るお菓子の後味が「苦い」と思ったことはありませんか?

その苦さの理由と、苦味を消す方法があります。苦みを消す方法は、「おからパウダー」や「クリームチーズ」を入れます。

この記事を読むと、ラカントのお菓子が苦い理由と、苦みを消す上記の食材の入れ方や量が具体的にわかります。

お菓子作りに使うラカントは、味のクセや色がつかない「ラカントホワイト」がおすすめです。

created by Rinker
ラカント
¥2,420 (2021/10/03 15:27:06時点 Amazon調べ-詳細)

ラカントが苦い理由

ラカントが苦い理由は、ラカントの成分「羅漢果エキス」と「エリスリトール」の影響です。

1番に考えられるのは羅漢果エキスで、2番目がエリスリトールです。

この答えは、私が製造会社に質問し頂いた回答を参考にしました。↓

>>【ラカントの使い方】製造会社に質問した~失敗しないお菓子作り

ラカントの成分は、

・エリスリトール(主成分)
・羅漢果エキス(微量)

の2つからできています。

2つとも独特な甘さを持ち、クセのある甘味に苦さを感じていると思われます。

羅漢果エキスの苦み

羅漢果エキスは焙煎されているため、香ばしい黒糖のような味です。この焙煎された香ばしさを、苦く感じている可能性があります。

ラカントにはおもに、ラカントSとラカントホワイトがあります。

今回の焙煎した羅漢果エキスが入っているのは、ラカントSの方です。羅漢果エキスが入っているのでコクのある甘さです。

このラカントSを苦いと感じるなら、羅漢果エキスの香ばしさに苦みを感じている可能性があります。

一方ラカントホワイトは、スッキリとした甘味で、羅漢果エキスに苦みを感じる可能性はあまりないと思います。

ラカントホワイトに使われる羅漢果エキスは、雑味を取り除き純度が高いです。黒糖のようなクセはなく、苦み成分はあまりないのです。

それでもラカントホワイトを苦く感じる人は、おそらく主成分のエリスリトールに反応していると思われます。

エリスリトールの苦さ

エリスリトールはスッキリとした甘さと言われますが、砂糖とはちがう甘みのため、その特有の甘さに苦味を感じる人もいます。私もそうです。

エリスリトールを家庭で使った人は苦いと言いいますが、製造や販売会社は苦みがあると公言はしていないようです。

実際にラカントの製造会社にエリスリトールの苦味について聞きましたが、苦いという認識はないとのことでした。

ただし回答の中で、エリスリトールを苦いと感じる可能性はあると言われました。

それは羅漢果のクセが少ないラカントホワイトでも苦いなら、エリスリトールの独特な甘さが原因かもしれないということです。

羅漢果エキスとエリスリトールの両方が、苦いと感じている可能性もあります。

ラカントのお菓子が苦い

ラカント自体に苦味を感じる人は、ラカント入りのお菓子も当然苦く感じるはずです。

もともと、お菓子作りには大量の甘味料を使います。そのためラカントの使用量も多いので、苦みを感じやすくなります。

ラカントを使うお菓子の苦みを消す一般的な方法は、強めの風味を足して、苦みを気ならなくさせます。ココアやチョコレート、抹茶、きな粉など、味が強めの食材がよく使われます。

もちろんそれもいい方法ですが、フレーバーをつけるやり方にも弱点はあります。

  • シンプルな味のお菓子が作れない
  • メニューに限界がある
  • 強い風味に飽きる可能性

チョコや抹茶の強い味で、ラカントの苦味を気にならなくさせるのも、一つの方法です。

今回はそれ以外の方法で、お菓子の苦みを消します。

苦味を消す方法

苦味を消す方法

シンプルなデザートの味を活かして、ラカントの苦味を消す方法は、おからパウダーやクリームチーズを入れることです。

おからパウダーは少量ならそのクセが出ずに、ラカントの苦味を消してくれますし、クリームチーズの濃厚な味は苦さをまろやかにしてくれます。

これからご紹介するのは、苦くない「生クリーム」と「スポンジケーキ」の作り方です。

この2つが苦くなく、おいしくできれば応用して他のお菓子にも使えます。

生クリームもスポンジケーキも、シンプルですが味のごまかしが効きません。

ラカントでショートケーキを作ると、正直、苦さが気になり、砂糖の時より味が落ちます。

せっかくがんばってって作っても、おいしくないとガッカリしちゃいますよね。

おいしい生クリームとスポンジができれば、ロールケーキやクレープなども作れます。

ラカントの基本情報についてはコチラ↓

【ラカントとは】キホンの種類と特徴がわかる~糖質や危険性まで
ラカントの種類や特徴をご紹介。甘味料はラカントS(顆粒・シロップ)とラカントホワイトがあります。糖質はほぼ排出されるのでカロリーゼロで血糖値が上がりません。ラカンカ、ラカント、ラカントSの違い、白と茶色の違い、糖質や危険性も解説。

生クリームの場合

生クリームにおからパウダーを入れる

苦くないラカントの生クリームにするには、おからパウダーを少し入れると、かなり苦味が消えます。生クリーム本来の味も活かせます。

いろんな食材で試しましたが、おからパウダーが一番苦さが消えます。

おからパウダーは、きめの細かい「超微粉」タイプを使って下さい。きめが粗いとクリームの食感ががザラザラになります。

見た目がきれいな白い生クリームにする場合は、ラカントホワイトがおすすめです。さらにホワイトは味のクセがなくスッキリしているので、生クリームの味を邪魔しません。


ラカントSは茶色で、クリームも少し茶色になります。味も黒糖のような風味がつきますが、その味が好きな方はラカントSでいいと思います。

おからパウダーの量

おからパウダーが苦みを消す

生クリーム200ml(1パック)に、おからパウダー1.5gを入れて下さい。

生クリーム200ml:おからパウダー1.5g

おからパウダーを入れすぎると、豆臭さがでたり食感にザラつきが出るので、量には気をつけて下さい。

おからパウダーは吸水性が高く、泡立後に入れるとクリーム液を吸って、すぐパサパサになります。なるべく生クリームがゆるい段階でパウダーを入れて下さい。

スポンジケーキの場合

スポンジケーキにはクリームチーズを入れると、濃厚な味がラカントの苦味をまろやかにしてくれます。

クリームチーズはそのままだと硬く生地になじまないので、生クリームを少し混ぜて、ゆるいクリーム状にしたものを使います。

クリームチーズと生クリームの量

6号サイズで焼くとすると、直径18cmです。

卵はMサイズ3個使用するとして、クリームチーズは45g、生クリーム20gを入れてください。

クリームチーズ45g+生クリーム20g
 電子レンジで20秒ほど温めると、チーズが溶けて混ぜられるようになります。
柔らかいペースト状にしてから、スポンジ生地と一緒に合わせてください。
タイミングは卵白のメレンゲを混ぜる前に入れると、メレンゲの泡を壊さなくて済みます。

ほかのスポンジの注意点

ラカントを使ってスポンジを焼くと、味が苦い以外にも問題が起こります。

スポンジがあまり膨らまなかったり、冷めた後ジャリジャリした食感になったりします。

これはラカントの主成分であるエリスリトールの特徴です。お菓子に使わず、料理だけならエリスリトールでいいです。

エリスリトールの特徴についてはコチラをどうぞ↓

>>【エリスリトールがわかる】糖質制限やダイエットで血糖値を管理する

お菓子が膨らみずらい、冷却後のザラつきを解決する方法は、コチラです↓

>>【ラカントで作るお菓子】膨らまない原因と3つの解決法

まとめ

ラカントを使うお菓子が苦い原因と、その苦みを消す方法についてご紹介しました。

生クリームには少量のおからパウダー(超微粉)を入れると、苦さが消えます。

スポンジケーキには、クリームチーズを入れることで、濃厚なチーズが苦みをまろやかにしてくれます。

シンプルな味が勝負の生クリームとスポンジケーキがおいしくできれば、他のデザートにも応用できます。

一般的には、ココアや抹茶など風味の強い食材を入れる方法もあります。

ラカントを使って、ぜひおいしいお菓子を作ってくださいね^^

お菓子作り以外でも、糖質を抑える方法がいろいろあります↓

 

お菓子作りには「ラカントホワイト」がおすすめです↓(色や味のクセがないので)

黒糖のような味が好きで、薄い茶色が気にならない人は「ラカントS」をどうぞ↓

タイトルとURLをコピーしました