お菓子や料理にも使える「ラカントホワイト」~ラカントSとの違い

ラカントホワイトとラカントSの違い 糖質制限

ラカントホワイトの特徴って?ラカントSとの違いがよくわからないんだけど…

こんな疑問を解決します。

お菓子作りや料理に使える万能な甘味料「ラカントホワイト」。

とくにお菓子作りでは、余計な色やクセのある味は邪魔になることが多いです。

その点ラカントホワイトは白色で見た目もきれいに仕上がるため安心です。甘さはクセがないので素材の味を活かします。

私は糖質制限をしていますが、お菓子や料理にラカントホワイトを使用しています。

「ラカントS」との違いは味と色です。

ラカントSは黒糖のようなコクと茶色の色がつくので、繊細なデザート作りには向きません。

ラカントSは通常の料理に使うのは問題なく、黒砂糖のような甘さが好きな人には良いと思います。

ラカントSもラカントホワイトも、血糖値には影響を与えず、カロリーゼロなのは一緒です。

どちらもダイエットや糖質制限に向いています。

この記事を読むと、

  • ラカントホワイトの特徴
  • ラカントSとの違い

がわかります。

結論をいいますと、

お菓子に使うならラカントホワイトがいいです。

色も味もクセがなくお菓子が作り向きで見栄えがいいです。料理全般にも使えて、値段もラカントSより安いのでおすすめです。

created by Rinker
ラカント
¥2,420 (2021/10/03 15:39:59時点 Amazon調べ-詳細)

ラカントホワイトとは

ラカントホワイトについて

ラカントホワイトは名前のとおり、まっ白でグラニュー糖のようにサラサラした甘味料です。

ラカントはおもに2種類あり、ラカントSとラカントホワイトがあります。

ラカントは

  • エリスリトール
  • 高純度の羅漢果エキス

からできています。

ラカントに使用されている高純度の羅漢果(ラカンカ)エキスは、一般に出回っている羅漢果エキスとは違います。

一般のエキスは砂糖の50倍ほどの甘さと言われていますが、ラカントに使用される高純度羅漢果エキスは、特許技術により甘さが約300倍まで高められています。

 

ラカントはこの「高純度の羅漢果エキス」のおかげで、砂糖と同等の甘さまで引き上げてるんだよ!

 

正確にいうと、ラカントホワイトに使われる高純度羅漢果エキスは、そこから雑味を排除して甘み成分だけを抜き取った「ラカンカ抽出物」というものになります。
ラカントホワイトは…
(高純度羅漢果エキス)ー(色や雑味)=ラカンカ抽出物(甘み成分のみ)

白色でクセがない甘さなのは、雑味を抜いているからです。

ラカントホワイトの甘さは食材の風味を活かすため、お菓子作りにはもちろん飲み物や料理全般に使えて便利です。

ラカントSとの違い

ラカントSとの違い

ラカントSとラカントホワイトの違いは「色と味」にあります。

これは使われている羅漢果エキスが違うためです。

  • ラカントホワイト=ラカンカ抽出物(羅漢果エキスから雑味を抜いた)
  • ラカントS=焙煎された羅漢果エキス

先ほども触れましたが、

ラカントホワイトは羅漢果エキスから甘さ成分だけを取り出した「ラカンカ抽出物」を使っています。色や雑味がなくクセのない甘さで白色です。

ラカントS(顆粒とシロップ)は、「焙煎された羅漢果エキス」を使用しています。うす茶色で香ばしいコクがあります。

ラカントSの独特な甘さは繊細なデザートや飲み物の味を邪魔するので、全てに向いているわけではありません。お菓子もやや茶色になります。

料理なら少量ですし、何の問題もなく使えます。

黒糖のような甘さが欲しいとき、黒っぽいお菓子などには適しています。

またラカントSの最大のメリットは、店頭で買えることと少量でも買えることです。

  • どこでも買える(スーパーやドラックストア)
  • 少量から買える(130gから買える)

ラカントSは店頭で買えるので、ネット購入しない人や、いますぐ欲しい人にとっては便利ですよね。

またラカントSは少量の130gからサイズが豊富なので、割高にはなりますが、あまり使わない人など自分にちょうどいい量を選べます。

ラカントについては、こちらの記事が基本からわかります↓

>>【ラカントとは】キホンの種類と特徴がわかる~糖質や危険性まで

購入場所

ラカントホワイトは、通常店頭では販売されていないのでインターネットで購入します。

少量ではなく1kgタイプで売られています。ラカントSは少量から売られていますが、1kgあたりではラカントホワイトの方が安いです。

1kgは多いと感じるかもしれませんがお菓子作りには大量に使うので、これくらいの量でいいと思います。
created by Rinker
ラカント
¥2,420 (2021/10/03 15:27:06時点 Amazon調べ-詳細)

ロカボスイートナーは砂糖のような白さで甘さは2倍あります。ラカントホワイトのように雑味を取り除いているのでスッキリとした甘さです。

1包3gのスティック状で、コーヒーや紅茶用に1回分から使えて便利です。

値段

ラカントホワイトとラカントSの値段は1キロあたりで比較すると、ラカントホワイトの方が300~500円くらい安いです。

私がラカントホワイトを使うのは、ラカントSより安くて万能だからです。

どんな料理にも使えて便利なのでリピート買いしています。

ラカントホワイトはお菓子作り向き

ラカントホワイトはお菓子作り向き

お菓子作りには、ラカントSよりもラカントホワイトの方が向いています。

ラカントホワイトは雑味もないし、余計な色がつかないので、値段も安いホワイト一択です。

ラカントSは黒糖のような甘さを持ちます。通常の料理には使えますが、クセを出したくないお菓子や料理には向きません。

具体的に困ることは以下の場合です。

  • スポンジを焼くとき生地が茶色なので焼け具合がわからない
  • 生クリームが茶色になって見栄えがよくない
  • シンプル・繊細な味のデザートに合わない

ラカントSをお菓子作りに使うと、生地やクリームが茶色になったり、どれも黒糖のような味になるので使いづらいです。

ラカントホワイトはそういう心配がありません。

またラカントホワイトの雑味のない甘さはどんな料理にも使えます。コーヒーや紅茶などの飲み物や、おかず系の料理にも使えます。

ラカントを使ったお菓子が苦いと感じる人は、こちらの記事をご覧ください↓

>>【ラカントのお菓子が苦い】「苦味」の理由と消す方法

まとめ

ラカントホワイトは色や味にクセがない甘さのためお菓子作りに向いています。飲み物や料理全般にも使えます。

ラカントSは黒糖のような独特なコクがあるので、煮物など一般的な料理には使えますが、繊細なデザートや飲み物には向きません。

どちらも血糖値を上げず、カロリーもゼロなので、糖質制限やダイエットに適した甘味料です。

最終的には使う人の好みによりますので、ご自分にあう方を選んでください。

他にも効果的な糖質カット法はいろいろあります↓

【糖質制限食まとめ】低糖質なレシピ・お米・パン・ビール・炊飯器
糖質オフな食べ物や飲み物、炊飯器などのまとめ記事。糖質制限食として低糖質米、パン、お菓子、ノンアルコールビールをご紹介。簡単に糖質カットできる炊飯器や落とし蓋もあります。

お菓子作りなら仕上がりもきれいなラカントホワイトがおすすめ。どんな料理にも使えて万能です↓

created by Rinker
ラカント
¥2,420 (2021/10/03 15:27:06時点 Amazon調べ-詳細)

お菓子には使わない又は色がついても平気、香ばしいコクが好きならラカントSで大丈夫です。少量タイプもあります↓

created by Rinker
ラカント
¥2,857 (2021/10/03 15:40:00時点 Amazon調べ-詳細)
タイトルとURLをコピーしました