【エリスリトールとラカントの違い】成分・価格・味・料理について

エリスリトールとラカントの違い 糖質制限

エリスリトールとラカントの違い

糖質制限ではおなじみの甘味料「ラカント」。店頭でも売られています。

似たような甘味料で「エリスリトール」もあります。

どちらもゼロカロリーで、血糖値を上げない甘味料ですが、「エリスリトール」と「ラカント」の違いはご存知でしょうか?

今回は「エリスリトール」と「ラカント」の成分、価格、味、向いている料理の違いについてご紹介します。

成分の違い

ざっくり言うと、エリスリトールとラカントの成分の違いは、「羅漢果」が入っているか、入っていないかです。

この違いによって甘さの度合いが変わります。

羅漢果は甘みが強いので羅漢果が入っている方が甘さが強くなります。

エリスリトールには、羅漢果は入っていません。

ラカントには、羅漢果が入っています。

  • エリスリトール=エリスリトールのみ
  • ラカント=エリスリトール+羅漢果

羅漢果が入ってるラカントの方が甘いです。

エリスリトールの成分

エリスリトールの成分は、エリスリトールのみです。

エリスリトールは、フルーツや味噌などの発酵食品にも存在する天然の糖アルコールです。

一般的に売られているエリスリトールは顆粒(粉状)で、天然の食材から抽出されたブドウ糖を発酵させて大量に作られたものです。

エリスリトールの製造方法についてはこちら↓

【エリスリトールの作り方】天然の甘みを人工的に作る「発酵法」
エリスリトールの作り方は、発酵法という製造方法で天然の甘み成分を人工的に作っています。エリスリトールは発酵食品や果物などの天然の食材にも存在する糖質です。カロリーがゼロ、血糖値を上げない甘味料で、糖アルコールに分類されます。

エリスリトールを摂取しても、血糖値は上がりませんし、インスリンにも影響を与えません。

エリスリトールが通常の糖質とは違い血糖値に影響しないのは、体内で代謝されずにほとんどが尿として出されるので血糖値は上がりません。

ラカントの成分

ラカントの成分

ラカントもエリスリトールと同じく、カロリーはゼロで血糖値が上がらない甘味料です。

ラカントは主成分の「エリスリトール」と、微量の「羅漢果エキス」からできています。

顆粒(粉状)や、シロップ(液体)が販売されています。

「羅漢果」は、中国の特定の場所のみに自生する希少な植物で、「ラカント」を製造しているサラヤ独自の抽出方法(特許取得)によって現地で高純度なエキスが作られます。

この「高純度エキス」は砂糖の約300倍の甘さがあり、エリスリトールだけでは足りない甘味の強度を上げて砂糖と同じ甘さにしています。

ラカントのすべては、こちらの記事を読むとわかります↓

【ラカントについて】これさえ読めば「ラカント」がわかる
ラカントについて、全くわからない人もこの記事さえ読めばラカントに詳しくなれます。ラカントについて色んなトピックの記事がありますので、知りたいところだけ読めます。

価格の比較

  • エリスリトール=安い
  • ラカント=高い

エリスリトールとラカントSの価格を比較すると、エリスリトールの方がかなり安いです。

たとえば1kgの顆粒(粉状)を買う場合、ラカントSの方がエリスリトールより、約2.5~3倍も高いです。(※購入店や量により値段は違います)

ラカントは希少な羅漢果を使用しているので、その分価格が高くなっているのではないでしょうか。

安さを求めるなら、エリスリトールの方がお得です。

購入場所

  • エリスリトール=ほぼネット購入
  • ラカント=店頭とネット購入可能

エリスリトールは、ほぼ店頭では販売されていないと思います。

通常は、Amazonや楽天などのインターネットで購入します。
店頭で買えないのはちょっと不便ですね。

※ただし、主成分がエリスリトールで他の甘味料も含む「パルスイート」などは店頭で売られています。

逆に、ラカントはスーパーやドラッグストアなどの店頭で買えますし、インターネットでも購入ができるので便利です。

味の違い

甘さの度合い

  • エリスリトール=砂糖の約75%(控えめな甘さ)
  • ラカント=砂糖と同じ甘さ(砂糖と同じ重さ)

エリスリトールの甘さは、砂糖の75%ほどなので甘味としてはやや薄めです。

ラカントは砂糖と同等の甘さなので、料理やお菓子にも砂糖と同じように使えます。

質感と味

(味の感じ方については個人差があります)

エリスリトール

質感:真っ白でサラサラ(グラニュー糖のよう)

:あっさりと控えめ。後味が少し苦い。大量に使うとさらに苦い感じ。

ラカント(顆粒と液体)

質感:顆粒はラカントS(茶色)と、ラカントホワイト(白色)がある。どちらもグラニュー糖のようにサラサラ。液体(シロップ)は、はちみつよりも水っぽく色は少しだけ茶色。

:ハッキリとした甘さ。顆粒も液体も後味が少し苦い。大量だとより苦く感じる。

エリスリトールとラカントの共通点

それぞれ後味が少し苦いという点が共通しています。

とくに気になるのはデザートを作ったとき。量をたくさん使うので、味の特徴が出やすいのだと思います。

ラカントの苦味などの疑問を製造元に聞きました↓

【ラカントの使い方】製造会社に質問した~失敗しないお菓子作り
ラカントの味や使い方について、疑問に思うことを製造会社のサラヤに質問してまとめました。ラカントのお菓子作りで失敗しないように参考にして下さい。質問は苦みの原因、お菓子が膨らまないとか冷めた後ザラザラにならない解決法を聞いてます。

苦みを感じるのは個人差があるようで、気になる人もいれば気にならない人もいるという感じです。

余談:大人と子供の味覚の差

大人の場合エリスリトールやラカントの苦味が気になる人に個人差がありますが、子供の場合は大人よりも苦さを感じやすいかもしれません。

それは子供の味覚の方が大人より敏感と言われており、舌の表面にある「味蕾(みらい)」という味を感知する器官の数が、子供の方が多く味覚をより繊細に感じられるからです。

でも大人になるにつれて味蕾は減り、味覚も鈍くなります。

私がラカントでデザートを作ると、子供達には苦いと言われます。ただしチョコレートなどの強い味と一緒に使うとあまり気にならないようです。

もしエリスリトールやラカントを使った料理を、子供と大人が食べたとき、味(苦さなど)の感じ方に差があるかもしれません。

ラカントの苦味を消す方法はこちら。

【ラカントを使ったお菓子が苦い】「苦味」の理由と消す方法
ラカントを使ったお菓子が苦いと感じる人へ。ラカントの苦味の理由と苦味を消す方法をご紹介。ラカントを使ったお菓子ではシンプルな味のメニューが苦みが気になりやすいので、スポンジケーキと生クリームの苦味を消す方法をお伝えします。

向いてる料理の違い

エリスリトールとラカントは、主成分が同じ「エリスリトール」なので特徴は似ていますが、甘さの強度が違うので、向いている料理が異なります。

エリスリトール

エリスリトールはおかず向き

エリスリトールに向いてる料理は、断然「おかず系」です。

その理由はエリスリトールの甘さが砂糖の75%しかないためです。

普通の料理に使うに甘味が控えめエリスリトールで十分ですが、お菓子作りには甘さが足りないため向きません。

料理に使う調味料(醤油、みそ、ソースなど)は味が強いので、エリスリトールの苦味は気にならないと思います。

エリスリトールをお菓子に使うとちょっと困ったクセがでます↓

  • 焼き菓子が膨らまない
  • 冷めると冷涼感がでる
  • 後味が少し苦い
  • 多量に使用するとジャリジャリする

以上のような独特のクセが出てしまうので、お菓子作りがうまくいかないこともあります。

砂糖の時と同じように作ると驚くほど失敗します。味も食感もおいしいとは言えません。

お菓子作りにエリスリトールを使うのはなかなか難しいです。

もし使うなら砂糖やほかの甘味料と併用するなどの工夫が必要だと思います。

エリスリトールについてはこちら。

【エリスリトールがわかる】糖質制限やダイエットで血糖値を管理する
これを読めばエリスリトールについてわかります。エリスリトールはカロリーゼロで血糖値を上げない甘味料で、糖質制限やダイエットをする時に血糖値の管理ができます。安全性も確認されており子供や妊婦も使用可能です。

ラカント

ラカントはお菓子作り向き

ラカントは、砂糖と同じ甘さで同じ重量で使えますので、基本的にどんな料理にでも使えます。

熱に強く加熱しても甘味が損なわれないので、煮込み料理やグリル料理、ケーキなどの焼き菓子にも使えます。

ただしデザートに使う時はやはり注意が必要です。

ラカントはエリスリトールよりもお菓子作りに向いていますが、主成分はエリスリトールのためそのクセが出てしまいます。

この独特なクセがでると、お菓子の後味が苦いとか、焼き菓子が膨らまない、冷めるとザラザラする、クッキーがひんやり冷たく違和感を感じるかもしれません。

ラカントのお菓子作りの問題を解決します↓

【ラカントで作るお菓子】膨らまない、冷却後のザラつき~解決法
ラカントを使ったお菓子は、あまり膨らまない、冷却後のザラつきが気になる事があります。その解決法についてご紹介。ラカントの製造会社から聞いた方法や、私がラカントのお菓子作りで見つけた解決法もお伝えします。

エリスリトールと比べると、ラカントの方が甘いので量もあまり使わなくて済みます。

もしお菓子に使うなら、ラカントの方がエリスリトールよりもクセの度合いは少ないでしょう。

まとめ

エリスリトールとラカントについて、成分、価格、味、向いている料理の違いを比較しました。

「前よりもちょっとわかった気がする」と思って頂けたら幸いです。

普通の料理に使うだけなら、エリスリトールもラカントも苦味を気にせずに使えますので、お値段の安いエリスリトールでいいと思います。

もしお菓子を作るなら、ラカントの方が使いやすくおすすめです。

私は低糖質なお菓子も作るので、ラカント(特にラカントホワイト)を使っています。

ラカントホワイトを使うメリットは、こちらです↓

【ラカントホワイト】お菓子作り向き~ラカントSとの違い
ラカントホワイトに焦点をあてて、ラカントsとの違い、購入できる場所、価格、味などをご紹介。ラカントホワイトは料理やデザートのどちらにも使えますが、お菓子作りではラカントsよりラカントホワイトの方が向いています。
タイトルとURLをコピーしました