【ラカントの使い方】製造会社に質問した~失敗しないお菓子作り

ラカントの使い方を質問 糖質制限

ラカントの使い方を質問

私は普段から糖質を控えるためにラカントを使っています。

ラカントの味や使い方について疑問があり、またお菓子作りで失敗しない方法はないかと考えたりします。

みなさんはどうでしょうか?

たとえば、ラカントの後味が苦いのはなぜか、同じラカントSなのに顆粒と液体では味が違うのはなぜか、お菓子を作ると膨らまない、冷めるとザラザラするのをどうにかしたいです。

インターネットで情報を探しましたが、はっきりとした答えは見つかりませんでした。

そこで直接ラカントの製造会社のサラヤに、上記の質問をして解決法を教えてもらいました。

今回はその内容をみなさんにもお伝えします。ぜひラカントの問題を解決するのにお役立て下さい。

ラカントについて詳しくはコチラをどうぞ↓

【ラカントについて】これさえ読めば「ラカント」がわかる
ラカントについて、全くわからない人もこの記事さえ読めばラカントに詳しくなれます。ラカントについて色んなトピックの記事がありますので、知りたいところだけ読めます。

ラカントの後味が苦い理由

ラカントは砂糖と同程度の甘さなので、砂糖のように使えます。

ただしラカントは甘いですが、後味が砂糖とは違い「苦い」と感じることがあります。

特にお菓子作りで大量に使うときは苦みが気になります。

ラカントは主成分が「エリスリトール」で、わずかに「羅漢果エキス」も含まれています。

私は単体のエリスリトールや雑味の少ないラカントホワイトも使ったことがありますが、どちらもお菓子を作るると苦かったです。

焼き菓子のように熱を加える場合、気のせいか苦味が増すような気もしたので、加熱で苦みが強くなるのかも疑問でした。

この独特な苦さの原因は何かと、焼くと苦みはもっと増すのかについて伺いました。

ラカントの苦味の原因:サラヤの回答

ここからサラヤの回答です。

  • 1番に考えられる苦さの原因は、羅漢果エキスの独特な風味(黒糖のようなコク)に苦味を感じてるのではないか。
  • エリスリトールは後味にスッとした清涼感があるが、苦みという認識は持っていない
  • ただし雑味を極力除いたラカントホワイトにも苦味を感じるなら、主成分の「エリスリトール」の独特の甘みにたいして苦味を感じている可能性がある
  • チョコレートや抹茶を加えると苦みが和らげられる
  • 焼くと苦みが増すということはない
  • 味覚については繊細な部分なので、表現が難しく的確な回答ではないかもしれない

以上が回答でした。

苦みの原因を考察

まずは加熱でラカントの苦味が増すことはないそうなので、焼き菓子が他のお菓子に比べて特別苦くなるということはないようです。

ラカントが苦いと感じる原因で1番可能性が高いのは、「羅漢果エキス」の独特なコクに苦味を感じているということ。

基本的にエリスリトールの味はスッとした清涼感はあるが、苦味があるという認識はないそうです。

ただし味の雑味を極力除いたラカントホワイトでも苦さを感じている場合は、エリスリトールの独特の甘さに苦さを感じている可能性もあるとのことでした。

なので私はラカントの主成分の「エリスリトール」に苦味を感じていて、もしかしたら羅漢果エキスにも苦いと反応しているのかもしれません。

人の味覚は感じ方に個人差がありますので、どの成分に苦味を感じてのるかを特定するのは難しいような気がします。

ちなみにラカントの苦味を消す方法はこちら↓

【ラカントを使ったお菓子が苦い】「苦味」の理由と消す方法
ラカントを使ったお菓子が苦いと感じる人へ。ラカントの苦味の理由と苦味を消す方法をご紹介。ラカントを使ったお菓子ではシンプルな味のメニューが苦みが気になりやすいので、スポンジケーキと生クリームの苦味を消す方法をお伝えします。

焼き菓子が膨らまない

ラカントでお菓子を作ると、スポンジケーキなどの焼き菓子はあまり膨らみません。

これはラカントの主成分エリスリトールの特性でもあります。

実際にエリスリトールだけで作ったお菓子も膨らみませんでした。

エリスリトールについてはこの記事でわかります↓

【エリスリトールがわかる】糖質制限やダイエットで血糖値を管理する
これを読めばエリスリトールについてわかります。エリスリトールはカロリーゼロで血糖値を上げない甘味料で、糖質制限やダイエットをする時に血糖値の管理ができます。安全性も確認されており子供や妊婦も使用可能です。

サラヤが提案する膨らみにくさを改善する方法は、砂糖とラカントを混ぜて使うこと。

どれくらい砂糖を混ぜるのかは、次の「冷えるとザラザラする」の記事に置換え量がのってます。

お菓子が冷えるとザラザラする

ラカントのお菓子は冷めると、食感がザラザラになることがあります。

ラカントの量が多いと結晶化するので、その解決法を知りたいと思っていました。

サラヤのホームページでは、ラカントを使ったお菓子のレシピが掲載されていて、中には1つのお菓子にラカントSの顆粒とシロップの両方を使用しているのを見かけます。

これは冷却後のザラつき防止のために、ラカントの液体も混ぜているのかを聞きました。

冷却後のザラつきの解決法:サラヤの回答

サラヤの回答です。

  • 冷却後のお菓子のザラつきはラカントの結晶化
  • ザラつきの解決法は砂糖とラカントを混ぜて使うこと。以下の「ラカントを置きかえる目安」をご覧ください
  • 膨らみ防止の目安量は、ザラつき防止の目安量でもある
  • 目安量のとおり砂糖をラカントに置き換えれば、冷却後のザラつき化も防げる
  • サラヤHPのお菓子レシピで、ラカントSの顆粒と液体の両方を使用しているのは、冷却後のザラつき化の防止と、顆粒の溶け残りを防ぐため

ラカントに置きかえる目安

  • パンケーキ=50~100%
  • パウンドケーキ&クッキー=30~50%
  • スポンジケーキ=15~30%

※サラヤのHPの“ふっくらした焼き菓子を作るためのラカントの使用量の目安”を参照

以上が砂糖をラカントに変える目安の量です。

例えばクッキーを焼く時は、砂糖の15~30%をラカントに変えるということです。

これは焼き菓子を「ふっくら焼くため」と「冷却後の結晶化を防ぐため」の2つの効果があります。

砂糖を混ぜずに「膨らみにくさ」と「ザラザラ感」を改善する方法もあります↓

【ラカントで作るお菓子】膨らまない、冷却後のザラつき~解決法
ラカントを使ったお菓子は、あまり膨らまない、冷却後のザラつきが気になる事があります。その解決法についてご紹介。ラカントの製造会社から聞いた方法や、私がラカントのお菓子作りで見つけた解決法もお伝えします。

同じラカントSなのに顆粒と液体の味が違う

ラカントSは茶色で顆粒と液体(シロップ)の2種類があります。味はどちらも黒糖のようなコクがあります。

同じラカントSなのに、味が少し違うように感じます。

  • 顆粒:はっきりとした甘さ。後味が少し苦い。
  • 液体(シロップ):やんわりとした甘さ。顆粒よりも甘さがまろやかで少し薄く感じる。顆粒よりも苦みが後を引く。

これが私のラカントSの味の感想です。

味が違っても料理で困ることはあまりありませんが、お菓子作りの時はシロップの方が後味の苦さが長引くのであまり使わないようにしています。

実際、顆粒と液体の甘さは砂糖と同じですし、主な成分は一緒です。

ただしシロップには顆粒にはない微量な成分が含まれています(下のラカント写真を参照)。

本当に顆粒と液体で「味」が違うのかを聞いてみました。

ラカントSの顆粒と液体~味の違い:サラヤの回答

ここからサラヤの回答です。

  • 顆粒と液体ではメインで使用している甘味料の種類は同じ。でもそれぞれの性質に応じて使用量が異なる。味の違いは使用量の違いだと考えられる。
  • ラカントシロップに含まれる「増粘多糖類」は、味がほぼないので味に影響はしてないと思う。
  • 保存料(ビタミンB1)とpH調整剤は、味に影響を与えないとは言い切れないが、配合量はごく微量で味に影響を与えてる可能性は低いと思われる。

ラカントSの顆粒と液体の成分が比較できるよう下に写真を添付しますね。

※ラカントSシロップの成分「エリスリトール、ラカンカエキス、増粘多糖類、甘味料(ラカンカ抽出物)、保存料(ビタミンB1)、pH調整剤」↓

ラカントSシロップの成分

 

ラカントS顆粒の成分は、シロップより種類が少なくシンプルです。

※ラカントS顆粒の成分「エリスリトール、ラカントエキス、甘味料(ラカンカ抽出物)」↓

ラカントS顆粒の成分

まとめ

みなさんが知りたいラカントの解決法はありましたでしょうか。

ほかにもラカントについて知りたい事があればコチラを読めばわかります↓

【ラカントについて】これさえ読めば「ラカント」がわかる
ラカントについて、全くわからない人もこの記事さえ読めばラカントに詳しくなれます。ラカントについて色んなトピックの記事がありますので、知りたいところだけ読めます。

今回はラカントの味の疑問や、お菓子作りでの失敗しない使い方について、サラヤの公式ホームページでは明記されてない部分を質問してみました。

サラヤの担当の方は、迅速に丁寧に対応して下さって理解も深まりました。

ラカントを知るのにお役に立てば嬉しいです。

タイトルとURLをコピーしました