【エリスリトールの作り方】天然の甘みを人工的に作る「発酵法」

エリスリトールの製造法は発酵法 糖質制限

エリスリトールの製造法

エリスリトールは、カロリーがゼロで、血糖値を上げない甘味料として知られており、糖アルコールに分類されます。

エリスリトールは天然の甘み成分を人工的に作った甘味料で、その作り方は「発酵法」という製造法によって作られます。

糖アルコールの製造法は一つだけではなく、エリスリトールの発酵法は珍しく、主流の製造法とは異なります。

今回はエリスリトールがどうやって作られるのかご紹介します。

エリスリトールは糖アルコール

エリスリトールは、一般家庭や工業用でも(飴や飲料など)多く使われている甘味料です。

甘さは砂糖の75%ほどです。

エリスリトールは糖アルコールに分類され、果実やキノコ類、ワイン、チーズ、醤油、味噌などの発酵食品に含まれている天然の糖質です。

エリスリトールの製造法

ほとんどの糖アルコールは、高温・高圧の条件下で糖質に水素を添加して作られます。

しかしエリスリトールは違う製造法で作られていて、糖質のブドウ糖を原料にして酵母の発酵によって作られる甘味料です。

これを「発酵法」と言いますが、エリスリトールはブドウ糖を発酵させて作られているので「ブドウ糖発酵甘味料」と呼ばれます。

エリスリトールは発酵食品、キノコ類、果実類の中に含まれていて、古くからごく自然な形で日常的に食されてきました。

しかし効率的に生産する方法がなかったので、商業規模での生産はされていませんでした。

その後技術が進み1990年から、ブドウ糖を高濃度にしたものに、効率的に生産できる酵母を使って発酵させる大量生産の技術が生まれました。

それ以来エリスリトールが食品として出回るようになりました。

エリスリトールは自然界にある成分を、人工的に作り出した甘味料になります。

厚生労働省のエネルギー評価法により、エネルギー値が0kcal/gと認められている唯一の糖質です。

まとめ

エリスリトールは糖アルコールに分類され、発酵食品や果物にも存在する糖質です。

一般的に「エリスリトール」として白い顆粒で販売されている甘味料は、発酵法によって自然界にある甘み成分を人工的に作っています。

効率的に大量生産できる発酵法が開発されてから、エリスリトール自体をいま私たちの家庭でも使うことが可能になりました。

甘さは砂糖の約75%で、カロリー0、血糖値にも影響しない甘味料として色々な食品にも使用されています。

エリスリトールの安全性は確認されているので、安心して使えるところも良いですよね。

エリスリトールについてはコチラをどうぞ。

【エリスリトールがわかる】糖質制限やダイエットで血糖値を管理する
これを読めばエリスリトールについてわかります。エリスリトールはカロリーゼロで血糖値を上げない甘味料で、糖質制限やダイエットをする時に血糖値の管理ができます。安全性も確認されており子供や妊婦も使用可能です。

タイトルとURLをコピーしました