【梅雨の湿気で体調不良】下痢・頭痛・だるさ~治し方

梅雨の湿気の体調不良 雑記

梅雨の時期は、湿気があってジメジメしますよね。

みなさんはその時期、下痢や頭痛、だるさ、むくみなど体調不良を感じることはありませんか?

それは気分のせいではなく、本当に多湿によって体調不調になっているんです。

私も梅雨や天気が悪い時は、ずっとお腹が痛くなり下痢をしています(涙)。

でもある物のおかげで下痢が治りました。

今回は梅雨の体調不良の「原因」と「解決法」についてお話しします。

体調不良は「湿気」が原因

体調不良の原因は「湿気」、つまり多湿です。

梅雨時期は長く雨が降り、多湿状態が続くと、不調になりやすいです。

人間の体は約6~7割は水分でできていて、体内の水分を尿や汗で排出、吐息や肌から蒸発させて水分量を調節しています。

湿度が高いと、体は外気でも水分の影響を受けやすく、蒸発による排出がうまくできないため、余分な水が溜まり、体が重だるくなります。

東洋医学では、そのような状態を水滞または水毒と言われ、余分な水分が体に溜まると悪影響を及ぼすと考えられています。

余分な水分はからだを冷やし血液の流れを悪くします。血液は酸素や栄養素も運びますが、その流れもとどこおり、全身に不調がでます。

もともと、むくみやすい人は、湿気の影響も受けやすいと言われています。

自分がむくみやすいか確認する方法として、自分の舌を出して見て下さい。

  • 舌の横に歯型がついてる(横がデコボコしてる)
  • 舌の上に「舌苔(ぜったい)」が多い(白いコケみたい)
  • 舌全体がぼってりしてる(いつもより厚い

上のような状態は舌がむくんでいる証拠です。

それは同時に、体全体がむくんでいるというサインです。

私もむくみやすく、舌に歯形がついていますが、みなさんはどうですか?

症状について

症状としては、下記のとおり、いろいろあります。

  • 下痢・食欲不振:多湿で胃腸が弱くなる。消化吸収と水分代謝ができない
  • だるさ・不眠・不安感:低気圧で自律神経が乱れ、副交感神経が優位のため
  • 頭痛・腹痛・関節痛:血行不良を改善のため、血管を広げると痛みも発生

私は湿度の影響を受けやすく、梅雨の時期はずっと何かを食べるとお腹を壊していました。

通常の固形の食事を摂れず、液体の飲み物ばかり飲んでいました(泣)。

私の体調不良が治った~解決法「五苓散料」

余分な水分を出す五苓散

「五苓散料」(ごれいさんりょう)という漢方を飲むことで、劇的に良くなりました。

漢方も出してくれるお医者様に処方してもらい、飲んだら下痢がピタリと止みました

一般のドラックストアでも「五苓散」という漢方薬として、市販されています。

五苓散は、体内に滞ってる余分な水分を出してくれます

むくみ、頭痛、下痢、飲みすぎによる二日酔いなどの症状に効きます。

下痢も止まり、本当に元気になりました。

天気が悪いと気分的な問題で、体調が悪くなってるのではないかと思っていたので、漢方が効くのか疑問でした。

でも実際飲むと、体調が一気に良くなったので、原因は多湿だったんだと感じました。

下痢していた時は、食べ物やお腹をケアしていましたが、梅雨が終わるまでは全く良くなりませんでした。

「なんだぁ、早く気づけばよかった~」って心の声だだもれです。

もし梅雨や天候不良のとき、体調が悪くなる人は、湿度の影響を受けているかもしれません。

お腹の調子が悪くなる、別の原因もあります↓

【お腹が弱い】下痢や便秘の原因と対処法
下痢や便秘によくなり、お腹が弱いなと思う人は、過敏性腸症候群かもしれません。原因はストレスと言われ、自律神経の乱れなどから、脳と腸のバランスが崩れ、下痢や便秘、腹痛が起きます。自分でできる対処法はあります。

まとめ

曇りや雨で湿度が高いとき、体に余分な水分が溜まり体調不良なっている可能性があります。

もともと、むくみやすい人は多湿に影響されやすいので気をつけた方がよいと思います。

私のように症状に合った漢方を飲むことで、体調が劇的に良くなることがあります。

体がしんどいと仕事や家事をするのも大変です。

一度病院や薬局で相談してみるといいかもしれません。

毎日元気に暮らせることは、ありがたいですよね^^

雑記
スポンサーリンク
こーちゃんをフォローする
こーちゃんとヘルシーライフ
タイトルとURLをコピーしました