【他人の期待は気にしない】自分の期待に応える

自分の期待に応える 雑記

こんにちは。

どうやったら幸せに生きられるのか、と考えたことありませんか?

簡単に答えられる人もいるかもしれませんが、「難しい」…と感じる人もけっこう多いのではないでしょうか。

私は幸せに生きる方法は、他人の期待は気にしないで、自分の期待に応える」を優先することだと思います。

なぜ他人の期待は気にしないのか

他人の期待は気にしない

他人の期待が気になり過ぎると、自分の望みは無視して、他人の期待に応えようとしてしまいます。

他人の望みは叶うけど、自分の望みは叶っていない。

しばらくなら続けられるかもしれません。周りは喜んでくれるし、自分への風あたりも良いので過ごしやすい。

でも、なんか違う、幸せを感じられない、という気持ちになったら、それは自分の望みではないということです。

他人とあなたは違う人間なので、望みが違うのも当たり前です。

自分と他人の期待が同じときは良いですが、違うなら他人の期待よりも、自分の望み=期待に応えることの方が、自分は幸せになれます。

他人の期待に応えることに集中しすぎると、自分の気持ちを見失ってしまいます。

あなたの人生に責任を持つのは、他人ではなく、あなただけです。

他人への配慮が全く必要ないという意味ではありません。周囲との良好な関係も幸福感を与えてくれます。

しかし他人への関心を大きくしすぎて、自分の願いを無視しないようにすることが大切です。

自分の期待に応える

自分の期待にこたえるとは、自分の望みを叶えるということです。

自分らしく生きることにフォーカスしたら、周囲のことも大切にはするけど、自分の事をまず第一に考える必要があると思います。

他人があなたへ寄せる期待は、あなたが自分へ期待する内容と違うことはあります。

そういう時は、他人の期待はフォーカスしないで、自分の期待にフォーカスすることが大切だと思います。

まとめ

私は他人の期待に重点をおいて、自分の想いを気にしないでいるとき、モヤモヤするというか、満たされない感覚があります。

それは自分の望みを叶えていないからなんですよね。

そう思うと、やっぱり、他人の期待は気にしないで、まず自分の期待に応える、これがとっても大事だと思います。

 

雑記
スポンサーリンク
こーちゃんをフォローする
こーちゃんとヘルシーライフ
タイトルとURLをコピーしました