キッチンスケール~お菓子作りは0.1g単位のタイプがいい

お菓子作りのキッチンスケール 雑記

お菓子作りをするなら、キッチンスケール0.1g単位まで量れるタイプがおすすめです。

お菓子作りには、正確細かい単位まで量る必要があるからです。

少量でも正確に量るべき食材

少量でデザートの出来に影響を与える食材もあります。

そういうものは、0.1g単位で量った方が良いです。

具体的な食材の例は、

  • ベーキングパウダー(膨らませる)
  • ゼラチン(液体を固める)
  • 寒天(液体を固める)
  • サイリウム(とろみや弾力)

以上4つの粉系のアイテムなどは、2~3gとか数グラムの単位でお菓子に使います。

私は糖質制限のメニューもよく作るので、サイリウムという粉も使います。

サイリウムは、微量でも強力なトロミや弾力がつきます。片栗粉よりももっと強力です。

サイリウムだけでなく、他の3つの粉少量で十分な効きめがでる食材です。

そのためお菓子の仕上がりに差が出る可能性があるので、量は正確に計る必要があります。

私の使うキッチンスケール

私のキッチンスケール

私が使っているキッチンスケールは、0.1g単位で3kgまで量れます。

管理栄養士さん監修のスケールで、機能は十分で価格もお手頃でした。

お菓子の試作をするときは、全ての材料も少なめで、何回も作ります。

そのため0.1g対応じゃないと、味や質感が変わるので、やはり0.1gタイプがいいです。

0.1gまで量れる

↑透明のプラスチックのフタが大小2つあり、しまう時は2つのフタを量りにかぶせてコンパクトにしまえます。

0.1gまで量れる

↑使う時はフタをひっくり返して、食材をのせて使えます。

材料をその都度のせて、ゼロにリセットできるので使いやすいです。

これから料理やお菓子作りを初める人よく作る人には、0.1g単位のスケールおすすめです。

量る台の緑色のシールをはがしてませんが、はがせば全体がシルバーになり、すっきとした見た目になります(笑)。

タイトルとURLをコピーしました