【冷凍パン】焼きたてが家で簡単に~予想よりずっとおいしい

冷凍パンは美味しい

みなさんは、「冷凍パン」は食べたことありますか?

私にアメリカに住むまで食べたことはありませんでした。

アメリカでは冷凍パンは、日本よりも一般的でスーパーの冷凍コーナーによくに売られていました。

食パンサイズではなく、ロールパンくらいの大きさのディナーロールとかクロワッサンなどが多かったです。

冷凍のチョコクロワッサン

始めて冷凍パンを食べたのは、日本人の友人が「美味しい冷凍パンがある」と言って、チョコクロワッサンを家で焼いてくれたときです。

食べてみると、外はサクサク、中はふわふわで、焼きたてのパンでした。

「すごい美味しい」と感動。。

おいしくて、コーヒーとクロワッサンで十分でした。

一緒に食べた友人も初めてで、みんな「やばーい、美味しい」と同じセリフしか言わない(笑)。

てっきり冷凍しているパンだから、温めてもパサパサであまり美味しくないんじゃないかと、正直思っていましたが全然違いました。

しっとりとして、パンの香りもいいし、わざわざパン屋に行かなくても、家で簡単に焼くだけでおいしいパンが食べられるんだと思いました。

予想していたよりも、冷凍パンのクオリティはとても高かったです。

普通にパンを作れば、発酵もさせて数時間かかりますが、冷凍パンなら焼くだけでいいので、手間も時間もかからないのが、最大の魅力だと思います。

しかも家で、焼きたてが食べられる幸せ

パン好きな人は、きっと喜ぶと思います。



アメリカの冷凍パンは、焼く前に解凍する時間が必要でしたが、日本では解凍せず、そのままトースターで焼けばいいパンもあるので、時間も節約できて便利ですよね。

冷凍パンを焼いたとき、外はパリッ、中はもちっとしているのは、焼きたて直後に瞬間冷凍するため、乾燥や小麦の風味が劣化せずに、美味しさを閉じ込められているからだそうです。

おうちで、焼きたての美味しいパンを食べたい人は、こちらをどうぞ↓



スポンサーリンク
こーちゃんをフォローする
こーちゃんとヘルシーライフ
タイトルとURLをコピーしました