【コーヒー】デカフェ・カフェインレス、ノンカフェインの違い

コーヒーのカフェインの違い

コーヒーにはカフェインが含まれていますが、カフェイン量が少ないコーヒーもあります。

デカフェ、カフェインレス、ノンカフェインと呼ばれますが、違いはご存知でしょうか?

アメリカのカフェで注文する時、カフェインが少ないコーヒーは「デカフェ」と呼んでいました。

今回は、この違いについてお話します。

カフェインとは

カフェイン

まずカフェインって何かをちょっとご説明します。

カフェインは、アルカロイドという苦み成分で、コーヒーや紅茶に含まれているため、飲むと苦みを感じます。

そしてカフェインには、脳を興奮させる覚醒作用や、集中力を高めたり、利尿作用もあるといわれています。

デカフェとカフェインレス

デカフェとカフェインレス

コーヒーはもともとカフェインを含んでいます。

デカフェとカフェインレスは、カフェインがある状態から除去しているので、完全にゼロにはなりません

ちなみに、デカフェの「デ」は、フランス語で「抜く」という意味があります。

カフェインレスの「レス」は、英語でLessは少ないという状態のことをいいます。

除去後も、どちらも少量のカフェインを含みます。

日本では、コーヒーのカフェインを90%以上除去したものだけ、「デカフェ」または「カフェインレス」と表示しても良いと決められています。

カフェインを除去するタイミングは、焙煎する前の生豆の状態で行います。

以前は、水に浸したり、有機溶媒でカフェインを溶かし出す方法が使われていましたが、コーヒーの味や香りが抜けてしまうので、除去後の味が落ちるのが難点でした。

現在は、二酸化炭素を使い、薬品は使わず人体に悪影響がない除去法もでてきました。

コーヒーのうまみは逃がさず、カフェインを除去できるようになり、カフェインレスのコーヒーもおいしくなりました。

下記の「Croaster Select Coffee」というお店では、上記の二酸化炭素と水を使った製法で、良質な豆からカフェインを除去しているので、安全かつ風味も活かされています。

↓下のHPの「デカフェ」で、カフェインレスコーヒーが購入できます(全品送料無料)。

2020年11月1日の長野コーヒーフェスティバルで完売となった人気商品だそうです。

Croaster Select Coffeeでは、通常のコーヒーも販売していて、世界のコーヒー豆の上位5%に入る高品質なものを自家焙煎しています。

ノンカフェイン

ノンカフェイン

ノンカフェインは、全くカフェインを含まないという意味です。

もともとコーヒーはカフェインを含み、どんなにカフェインを除去しても、完全に取りきることはできません。

そのため、ノンカフェインのコーヒーというのは存在しません

あるとすれば、最初からカフェインを含まないコーヒー豆では食品から作られたものです。

たとえば、黒豆や玄米、ほかの雑穀などを、焙煎してコーヒーのような味を再現した飲み物は、カフェインを全く含まない「ノンカフェイン」になります。

コーヒー豆ではない食品なので、実際には「コーヒー風の飲み物」というのが正確かもしれません。

ノンカフェインのコーヒー風なら、妊婦さん授乳中の方、お子さまカフェインを控えたい人も飲めます。

ミルクをいれてコーヒー牛乳にしたり、コーヒーゼリーティラミスなんかも作れます。

ティーバック式なので、お湯を入れて簡単に飲めるところも便利ですね。

↓下記の「黒豆玄米コーヒー」は、ノンカフェインで、ビタミンやミネラルなどの栄養素を含みまのでおすすめです。


有機玄米100%から作られた「玄米コーヒー」もあります。

こちらも、玄米が原料なので、ノンカフェインです。漢方では黒焙煎した玄米のことを「玄神」と呼び、民間療法に使われていたそうです。

供TOMO」で売られている有機玄米から作られたコーヒー「玄神カフェ」シリーズは、ドリップティーバック(テトラバック)など、種類やお値段が豊富です↓

カフェ玄神
玄米コーヒー通販|日本唯一のモナコ公室御用達カフェ玄神通販|「カフェ玄神」は、玄神をコーヒーのように気軽に飲めるよう丁寧にミル挽きし、「玄米コーヒー」としてご提供しています。|カフェ玄神の玄米コーヒーセレクションの詳細は公式サイトでご覧ください|供TOMOは「お供え文化」を伝える自然食品・雑貨ブランドです。

またギフトラッピングが、和テイストでとても素敵です。

贈り物としても喜ばれると思います。

実際にカフェインレスを飲んでみて

カフェインレスは体に優しい

私はコーヒーが好きなので毎日飲んでいます。

体調があまり良くない時や、夜寝る前は、飲むのを控えるようにしますが、どうしても飲みたいという時は、カフェインレスのコーヒーにしています。

カフェインレスのものは、通常のコーヒーより体にやさしいと感じます。

私なりの感覚ですが、カフェインレスはお腹やカラダにどしんと来ないんです。

体調がイマイチな時にカフェインを摂ると、お腹が重たく感じますし、いつもより苦く感じて美味しく飲めないんです。

なので私の体感としては、通常のコーヒーよりも、体への負担が少ないと思います。

またアメリカでは、雑穀から作られたノンカフェインのコーヒー風の飲み物は、日本よりも一般的で、カフェインを避けたい妊婦さんや、健康志向の人たちによく飲まれています。

私もノンカフェインは飲んでいましたが、体はラクでした。

まとめ

コーヒーのデカフェ、カフェインレスは、少量のカフェインを含みます。

ノンカフェインは、全くカフェインを含みませんが、コーヒーはもともとカフェインを含み、除去しても完全に取りきることはできません。

なのでコーヒーにノンカフェインはありません

お店でカフェインレスのコーヒーも販売されていますので、ご自宅で手軽に飲めます。

またカフェでは、デカフェコーヒーはお店によって結構味が違うので、自分がおいしいを思えるお店を探してみてください^^

タイトルとURLをコピーしました